ロシアは今日も荒れ模様 (1巻) | 米原万里

ロシアは今日も荒れ模様 (1巻)



米原万里

「ロシアとロシア人は退屈しない」――そう断言する著者は、同時通訳という仕事柄、彼の地を数限りなく訪れている。そして、知れば知るほど謎が深まるこの国は、書かずにはいられないほどの魅力に満ちあふれている。激動に揺れながら、過激さとズボラさ、天使と悪魔が、ともに,,,

三国志 柴錬痛快文庫 (1巻) | 柴田錬三郎

三国志 柴錬痛快文庫 (1巻)



柴田錬三郎

正義のために立つ!後漢末、劉備(りゅうび)は、桃園で誓った竜虎2人、関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)を従え、天才・孔明を軍師に、蜀(しょく)の国を興す。広大な大地に、どんな英雄豪傑たちのドラマがあったのか?張飛と呂布(りょふ)の壮烈な一騎討ち、関羽の千,,,

天正十年夏ノ記 (1巻) | 岳宏一郎

天正十年夏ノ記 (1巻)



岳宏一郎

天正年間――信長は天下統一をめざし、将軍・義昭、武田信玄、上杉謙信、顕如上人らとの戦いに、勝利を続ける。天皇を凌ぐ神の座に就こうとする征服者との交渉役をつとめた正親町(おおぎまち)天皇の秘書官・勧修寺晴豊。この青年貴族の目を通して、未曾有の動乱期をしたたか,,,

血太郎孤独雲 (1巻) | 柴田錬三郎

血太郎孤独雲 (1巻)



柴田錬三郎

将軍家献上宇治の御茶壺行列にやくざの群が斬り込んだ!虹壺をねらい黒八、闇兵衛の伊賀者が、盗っ人が躍り、浪人者、莫連女、妖尼が躍る……。公家、茶壺、刺青、やくざを結ぶ因縁とは?「和麿さま」と瓜二つ、男っぷりの無宿者、血太郎の忍法「流れ雲」が冴える――破天,,,

池波正太郎の映画日記 (1巻) | 池波正太郎他

池波正太郎の映画日記 (1巻)



池波正太郎他

スクリーンに男と女がめぐり合い、時が流れる。あふれる生活感と隙のない脚本、心打つ見事な演出。さまざまな感懐を胸に、銀座に酒飯して帰る……。どのような映画でも、楽しむ術を知っていた池波正太郎が、息づまる執筆の間に堪能した映画と、面白い身近の出来事をつづった、,,,

うまうまノート (1巻) | 室井滋

うまうまノート (1巻)



室井滋

食欲全開!垂涎エッセイ――ロケ弁から、故郷・富山のなつかしラーメン、お宝喫茶のモーニングまで。「食に対して霊感が働く」と、女優はうそぶく。出会うべくして出会った「うまうまなモノ」を相手に、文を書き、イラストを描き、写真を撮る!くいしん坊パワーを凝縮。私,,,

能登の密室 金沢発15時54分の死者 (1巻) | 津村秀介

能登の密室 金沢発15時54分の死者 (1巻)



津村秀介

晩秋の能登のホテルの1室で、美しい人妻が謎の服毒死をした。室内には、青酸ソーダ入りの缶ジュースとルームキーが転がっていた。第三者の出入りが不可能な、完全密室のシングルルーム……。しかし、ルポライター・浦上伸介は、自殺に見せかけた他殺だと確信する。だが、絞り,,,

浪人列伝 (1巻) | 柴田錬三郎

浪人列伝 (1巻)



柴田錬三郎

浪人とはいえ、傘張りや楊枝削りの貧乏暮しではない。仇討ちに武辺の意地を示す者、大坂城で壮烈な死花を咲かせる後藤又兵衛やキリシタン武将、奇才・平賀源内まで、逆境に怯まず昂然と己の意志に生きる剛気な男たちの、この痛快な生き方!!戦国から幕末まで、有名無名の浪,,,

はじまりの記憶 (1巻) | 柳田邦男他

はじまりの記憶 (1巻)



柳田邦男他

心の原風景を探す旅。それは単なる回顧ではない。明日をより良く生きるための、不可欠の作業なのだ。仰ぎ見る空、ぽっかりとあいた心に吸いこまれていく音……。当代随一のノンフィクション作家と画家が、それぞれの記憶の深層を掘り起こし、「私という現象」の核心、自己形成,,,

異説幕末伝 柴錬立川文庫・日本男子物語 (1巻) | 柴田錬三郎

異説幕末伝 柴錬立川文庫・日本男子物語 (1巻)



柴田錬三郎

徳川300年で最大のロマンチストの、間宮林蔵。天狗に脳天を一撃され、天狗党を起こした藤田小四郎。上野彰義隊の渋沢成一郎。人斬り半次郎と怖れられた桐野利秋……。動乱の幕末、己の意志を貫いた反骨たちの、爽快な「覚悟の人生」を、奇想天外な着想で描く。時を忘れるほ,,,

検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR