あっぱれ春馬 正義剣 江戸の梁山泊 (1巻) | 藤村与一郎

あっぱれ春馬 正義剣 江戸の梁山泊 (1巻)



藤村与一郎

時は文政。上野のお山のふもとに、江戸の豪商・彦右衛門の寮があった。だが、とても金持ちの別荘には見えず、怪しげな男たちが寄り集まっては、日々、だらだらと遊び暮らしていた。そんな連中のなかで、ひときわ目を引く若侍がいた。名を明智春馬といい、なんと、かの明智光秀,,,

サンプルを読む

夢駆ける草莽の志士、伊牟田尚平 (1巻) | 郷原健樹

夢駆ける草莽の志士、伊牟田尚平 (1巻)



郷原健樹

薩摩藩の名君、島津斉彬亡き後、その志を継ぎ、維新回天の想いを胸に、暗躍する一人の男がいた。その男の名は、伊牟田尚平。清河八郎らと倒幕集団「虎尾の会」を首謀し、父から授けられた忍術を武器に、弱腰の江戸幕府と日本国の尊厳を踏みにじる西洋列強に敢然と立ち向かっ,,,

サンプルを読む

保健室、開いてますよ (1巻) | 朝比奈歩乃か

保健室、開いてますよ (1巻)



朝比奈歩乃か

高校で養護教諭を務めるまっちゃんのモットーは、「どんな悩みでもどんと来い」。持ち前の探求心で、思春期特有の問題に直面する生徒たちを水際で支えてきた。しかし、その裏では校長からの執拗なパワハラと人知れず闘っていた。隠ぺいや責任逃れなど、学校や教育委員会,,,

サンプルを読む

放蕩息子が帰ってきた 上巻 (1巻) | 渡邉光章

放蕩息子が帰ってきた 上巻 (1巻)



渡邉光章

高校生の篤は、走り屋仲間たちと集まり、日々遊びに明け暮れていた。子どもと大人の中間という時期に抱える、もどかしさや鬱屈、権力や体制への反発、そして「なめられたくない」という強い自己意識に悩みながらも成長していく様をありありと描く。1970年頃の揺れ動,,,

サンプルを読む

東京氷嚢録 (1巻) | コルチ・コイド

東京氷嚢録 (1巻)



コルチ・コイド

大学四年生の主人公は、恋人と過ごす穏やかな日常の中で生と死、生きる意味に思いを巡らせる。忙しない現代を生きる若者が出した、‘答え’とは――。

サンプルを読む

辿り着いたところ (1巻) | 亜沙里友

辿り着いたところ (1巻)



亜沙里友

2016年4月、熊本を襲ったマグニチュード7を超える地震。海外で働く夫とは離れて暮らし、認知症を患う母の介護をしながらピアノ講師をする花音は、自宅が半壊し、しばし避難所生活を余儀なくされる。激しい余震が続く中、以前の生活を取り戻そうと奔走する花音。,,,

サンプルを読む

皓月 (1巻) | 梅前佐紀子

皓月 (1巻)



梅前佐紀子

倭国を激しい地震が襲った。犠牲になった人々を慰めるため、推古天皇と蘇我馬子は、幼い宝姫王を齊王に任じた。一心に神に仕え成長した宝は、厩戸皇子の高い理想を胸に隋に向かう若き留学生、高向黒麻呂に出会う。互いに強く惹かれ合いながら、黒麻呂は旅立ち、宝は黒麻呂との,,,

サンプルを読む

おかえしおかえし (1巻) | 大塚健太他

おかえしおかえし (1巻)



大塚健太他

【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品,,,

サンプルを読む

たすけ鍼 立夏の水菓子 (2巻) | 山本一力

たすけ鍼 立夏の水菓子 (2巻)



山本一力

深川で鍼灸師を営む染谷。「医は仁術」と心得て、還暦を過ぎた今も朋友の漢方医の昭年とともに市井の人々の抱える痛みに向き合う。元辰巳芸者で内儀の太郎にも支えられ、人助けや世直しに奔走する日々を、人情味あふれる筆致でつづった長編時代小説。

サンプルを読む

バンダル・アード=ケナード 眠らぬ谷を踏み越え (2巻) | 駒崎優

バンダル・アード=ケナード 眠らぬ谷を踏み越え (2巻)



駒崎優

国王の存在しないモウダーで、国王を自称する者が相次いで現れる事件が発生。なじみの医者からの依頼で騒動に関わることになったシャリースたちは、その中でマドゥ=アリと同じ肌の色の男と接触する。大人気シリーズの新作、ついに登場!

サンプルを読む

検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR