龍神丸/豹の眼 (1巻) | 高垣眸

龍神丸/豹の眼 (1巻)



高垣眸

世界の富の半ば以上と噂される、龍神丸の秘宝。そのありかを記す、「古記録」と「謎の紙片」を巡る、奸計と正義のせめぎ合いを活写する、少年伝奇小説の画期的作品である『龍神丸』。また、大インカ帝国の王統を伝える唯一の人は、日本の少年。王宮の財宝のありかの謎をとく「,,,

サンプルを読む

龍神丸/豹の眼 (1巻) | 高垣眸

龍神丸/豹の眼 (1巻)



高垣眸

世界の富の半ば以上と噂される、龍神丸の秘宝。そのありかを記す、「古記録」と「謎の紙片」を巡る、奸計と正義のせめぎ合いを活写する、少年伝奇小説の画期的作品である『龍神丸』。また、大インカ帝国の王統を伝える唯一の人は、日本の少年。王宮の財宝のありかの謎をとく「,,,

サンプルを読む

龍神丸/豹の眼 (1巻) | 高垣眸

龍神丸/豹の眼 (1巻)



高垣眸

世界の富の半ば以上と噂される、龍神丸の秘宝。そのありかを記す、「古記録」と「謎の紙片」を巡る、奸計と正義のせめぎ合いを活写する、少年伝奇小説の画期的作品である『龍神丸』。また、大インカ帝国の王統を伝える唯一の人は、日本の少年。王宮の財宝のありかの謎をとく「,,,

サンプルを読む

危険な依頼人 告発弁護士・猪狩文助 (1巻) | 和久峻三

危険な依頼人 告発弁護士・猪狩文助 (1巻)



和久峻三

美しき相棒(パートナー)を襲った卑劣な罠に猪狩、怒る!――京都・五条大橋で女性を轢き殺した久世山朝子は、「幽霊(ゴースト)が牙を剥き、私を襲ってきたのでアクセルを踏んだ。殺意はなかった」と、弁護人の猪狩文助(いかり・ぶんすけ)を困惑させるような弁解をした。,,,

サンプルを読む

虹の交響 (1巻) | 高樹のぶ子

虹の交響 (1巻)



高樹のぶ子

幼女の自分を日本に置いたまま、国際結婚で渡米し、謎の死を遂げた母。その死の周辺を知りたくて潤子は、アメリカ東海岸の港町を歩く。そして、彼女にとって義弟にあたるアメリカ人青年が、母の故郷・出雲に来ているとわかる……。人種のちがう日米ふたりの男との間で愛に揺れ,,,

サンプルを読む

背徳のメス (1巻) | 黒岩重吾

背徳のメス (1巻)



黒岩重吾

大阪の施療院で、殺害未遂事件が起こった。被害者は、憑かれたように女をあさる、背徳産婦人科医だった。彼を憎み、うらむ者は多い。犯人追及の過程で浮び上がる、彼や容疑者たちの暗い過去……。戦争で青春を失い、宿命ともいえる業を背負って、吹き溜りにうごめく、人間の生,,,

サンプルを読む

京都東山「哲学の道」殺人事件 赤かぶ検事シリーズ (1巻) | 和久峻三

京都東山「哲学の道」殺人事件 赤かぶ検事シリーズ (1巻)



和久峻三

妻を殺された弁護士が容疑者の女を弁護する!?――信州・松本から京都地検に転勤になった赤かぶ検事は、哲学の道を夫婦で散策中に、変死体を発見した。被害者の女性は日舞の家元で、捜査線上に浮かんだ不倫相手は、何と行天珍男子(ぎょうてん・うずまろ)。妻の行天燎子(,,,

サンプルを読む

小説 海舟独言 (1巻) | 童門冬二

小説 海舟独言 (1巻)



童門冬二

迫る官軍、備える幕府。明日にも江戸突入かという騒然たる中、相対する勝海舟と西郷隆盛。江戸焦土作戦との取引説もある、江戸城無血明け渡し。これは海舟の最大の功績とも言われる。反面、幕府を売った――とも。海舟はなぜ江戸城を無血で明け渡したのか?この真相を解現代,,,

サンプルを読む

毒婦四千年 (1巻) | 柴田錬三郎

毒婦四千年 (1巻)



柴田錬三郎

末喜(ばっき)、妲己(だっき)、褒ジ(ほうじ)、驪姫(りき)……。絶世の艶容、その性(さが)、残忍にして陰険。ケタはずれの中国後宮の毒婦、とりわけ武后――疑心暗鬼のままに幾千人を殺し、なお清々しい眸子と水々しさを保つ武后を、その眉をつくり化粧を施し続けた男,,,

サンプルを読む

歌う舟人 父隆慶一郎のこと (1巻) | 羽生真名

歌う舟人 父隆慶一郎のこと (1巻)



羽生真名

故・隆慶一郎の娘が描く、人間・隆慶一郎の思い出。――歴史・時代小説の分野に一瞬の光芒をはなって逝った隆慶一郎氏の、激しくもエレガントな人間像を、娘の眼から描く。隆さんの写真も収録し、三周忌を期に刊行された、父&作家の実像。

サンプルを読む

検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR