罪の轍 (1巻) | 奥田英朗

罪の轍 (1巻)



奥田英朗

東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年。浅草で男児誘拐事件が発生し、日本中を恐怖と怒りの渦に叩き込んだ。事件を担当する捜査一課の落合昌夫は、子供達から「莫迦」と呼ばれる北国訛りの男の噂を聞く――。世間から置き去りにされた人間の孤独を、緊迫感あふれる描写と,,,

サンプルを読む

インタビューズ (1巻) | 堂場瞬一

インタビューズ (1巻)



堂場瞬一

男は渋谷の交差点に立ち続ける、友との約束を果たす為に――いま、100人の「物語」が時代を貫く!堂場瞬一、前代未聞の挑戦作!

サンプルを読む

砂の巣 (1巻) | 黒岩重吾

砂の巣 (1巻)



黒岩重吾

夫婦のかすかな欲求不満に仕掛けられた甘美な罠は、しだいに獲物を追いつめる。巧みに仕組まれた汚職に巻きこまれ、家庭の崩壊を招く「砂の巣」。殺人事件に関わり、夫の秘密を知ってしまう妻。夫婦の破滅をミステリアスに描いた「煮えた欲情」。鋭く深い人間凝視で、欲望の魔,,,

サンプルを読む

推定恋愛 two-years (1巻) | 森浩美

推定恋愛 two-years (1巻)



森浩美

あなたが恋をしているのならこの気持ち、きっとわかる。恋に正解はないから、誰もが迷い悩む。でもだからこそ、ハマッてしまうんだよね。リアルでヤバイ、恋のエピソードを24個つめこんだ「推定恋愛」シリーズ第2弾!――つきあいはじめて2年も経つと、ただ楽しいって,,,

サンプルを読む

明日なき巡礼たち (1巻) | 黒岩重吾

明日なき巡礼たち (1巻)



黒岩重吾

おれを左遷したヤツはだれだ?左遷を画策した「犯人」を追う、長編サスペンス。D薬品の有能なプロパーである立槍は、創業者会長の縁戚の娘と見合したが、愛人の存在を理由に破談の上、九州転任を命じられる。辞表を出した彼は、総会屋の部下になり、見えない敵に復讐を誓う,,,

サンプルを読む

東京居酒屋探訪 (1巻) | 大道珠貴

東京居酒屋探訪 (1巻)



大道珠貴

美酒に酔い、つれづれなるままに書く、心地よい居場所を探す旅――王子の大衆酒場から銀座のそば屋、横浜・狸小路の豚珍味店、白金のビストロまで、楽しい語らいと和・洋・中の美味を肴に、心地よく一献傾けることができるお店こそ、まさに居酒屋。一皿一皿真心込めた料理への,,,

サンプルを読む

流離の譜 (1巻) | 滝口康彦

流離の譜 (1巻)



滝口康彦

皮肉な運命に翻弄された最後の老中を描破!本当は勤王の志を抱きながら、幕府の要職につかされたために朝敵となり、会津、函館に逃げ、数奇な生涯を送った、最後の老中・小笠原長行――徳川幕府の弱体化がすすんだ幕末、唐津藩主の座に、心ならずも就いた小笠原長行は、すで,,,

サンプルを読む

海よ 島よ 歴史紀行 (1巻) | 白石一郎

海よ 島よ 歴史紀行 (1巻)



白石一郎

壱岐島は海賊の前線基地、対馬は海賊の集合地だった。佐渡島では、遠く離れた長崎と同じバッテン言葉が使われていた……。四面環海という立地条件に恵まれながら、海に背を向け陸地中心の考え方ばかりしてきた日本人に異議を唱える。海洋時代小説の第一人者が、自らの足でたど,,,

サンプルを読む

首斬り浅右衛門 あるいは憑かれた人々の物語 (1巻) | 柴田錬三郎

首斬り浅右衛門 あるいは憑かれた人々の物語 (1巻)



柴田錬三郎

身悶えし命乞いをする女を、美しいと思った。初めて己れの生業を、嫌悪した。泰平の世に人を斬る業を、極め続けなければならない、山田浅右衛門。その家系も、6代目に至り、烈しい気象が息んだ。ただ一首、斬り損じた女の怨霊に翻弄される、浅右衛門の最後を描く、という表題,,,

サンプルを読む

砂を這う蔦 (1巻) | 黒岩重吾

砂を這う蔦 (1巻)



黒岩重吾

東京で金をつくっては、パリで若い男と恋愛する、麻由子。アメリカ帰りのデザイナー・美香。銀座でクラブを経営する、真紀とまどか。女たちの生活は、自由で華やかだ。物語は、麻由子の5度めのパトロン探しから始まるのだが、華やかさの陰に滲む孤独を追って、人生の表裏を描,,,

サンプルを読む

検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR