間合い 栄次郎江戸暦 2 (2巻) | 小杉健治

間合い 栄次郎江戸暦 2 (2巻)



小杉健治

剣の要諦はつまるところ敵との間合いにある──それは生きる事の全てに通じる。田宮流抜刀術の達人で三味線の名手、矢内栄次郎は、知行二百石の家に生まれたが部屋住の身。ある夜の帰途、篠と名乗る女から’これを羽村忠四郎様にお渡しして’と一つの印籠を押し付けられた事か,,,

サンプルを読む

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR