とむらい屋颯太 (1巻) | 梶よう子

とむらい屋颯太 (1巻)



梶よう子

「弔いを出して飯を食う。それがあっしの生業」新鳥越町二丁目の「とむらい屋」には弔いの段取りをする颯太、棺桶づくり職人の勝蔵に正平、雑用の寛次郎そして死者に化粧を施すおちえ、そして坊主の道俊が居候をしている。人の死なない日はない。毎日、どこかで誰かがあの,,,

サンプルを読む

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR