蓮如 夏の嵐 (下) (2巻) | 岳宏一郎

蓮如 夏の嵐 (下) (2巻)



岳宏一郎

吹き荒れる一向一揆。交錯し、渦巻く愛憎!――混沌の時代、民衆は、ひとりの男の言葉にすがり、縁をむすんだ。しかし、一向一揆の嵐は容赦なく、蓮如とその家族、弟子たちを、思いもかけぬ相剋へとみちびく。隆盛へと向かう、教団の栄光の陰に潜む孤独。ひたすらに弥陀の本,,,

サンプルを読む

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR